夜更かしの悪影響と背中にきび

夜更かしの悪影響と背中にきび

仕事を終えた後に、知り合いと居酒屋で遅くまでお酒を飲んでいたり、自宅においても夜更かしをしてパソコンを触ったりテレビを見ていたりする習慣がある人の場合、体の代謝が落ちてしまい様々な悪影響が出る可能性があるのです。

 

特に夜更かしをすると睡眠時間が少なくなってしまう傾向にあるため、新しい肌の細胞を作り変えるゴールデンタイムと言われる時間帯に起きている事になります。

 

これは、肌の細胞を新しく作り変えるサイクルを維持する為に必要な事なのですが、この時間が足りないと綺麗な細胞に作り変えられるチャンスが減ってしまうのです。

 

そして夜更かしをしてお酒を飲むと言うことは、体にアルコールを補給することになり、アルコールは体に有害なことから早めに除去するように内臓が活発に活動するようになります。

 

これは、その他の体の機能を低下させる要因となってしまうのです。

 

この状態で就寝すると、本来の体の機能が正常に働かない状態となってしまうのです。

 

このような悪影響がいくつもあるので、背中にきびが中々治らなかったり、常に疲労感を感じたり、就寝しているにもかかわらず昼間に眠気を感じるような事があるときには、夜更かしが様々な悪影響を与えている可能性が高いのです。

背中にきびの原因と対策

 

一度なってしまうと、寝る時や日常生活に痛みが生じる事がある背中ニキビですが、背中ニキビはなぜ出来てしまうのでしょうか?よく夏場に出来る人がいますが、寝汗は寝方により、背中にきびかあせもが出来てしまいます。

 

一般的に寝汗ではあせもが多いですが、例えば背中を清潔な状態にしていない、寝間着、パジャマを洗わずに使用する事で背中の汗で毛穴が開き、そこから細菌が侵入して背中ニキビになってしまう事があります。

 

また、風呂で体を洗う際に、いつもと違う体に合っていない洗剤やシャンプーを流す時に背中に流した水がかかってしまうことにより、炎症を起こしにきびえを誘発してしまう原因にもなってきます。

 

そして、仕事や日常生活等で感じるストレスとそのストレスから解消しようとしてお菓子や糖分の多い食事の摂取により、顔のニキビだけではなく背中にまでにきびが出来てしまう事があります。

 

このように背中ニキビの原因は自身が誘発的に行っている場合が多く、対策が立てやすいニキビとも言えます。

 

例えばシャンプーが原因なら頭から洗ってから体を洗うように意識したり、汗をかきやすそうな服を控えて通気性の良い服を着る事で背中にきびを未然に防ぐことが出来ます。